【全訳】ドナルド・トランプ大統領一般教書演説(2019年2月5日・ワシントンDC)
2019/02/14

【全訳】ドナルド・トランプ大統領一般教書演説(2019年2月5日・ワシントンDC)

2019年2月5日にトランプ大統領が行った一般教書演説を、一般社団法人JCUで全訳いたしました。

 

解説記事はこちら↓

【一般教書演説解説】「一つのアメリカ」を目指すトランプ大統領

――――――――――

演説するトランプ大統領(ホワイトハウス公式HPより)

 

トランプ大統領:

下院議長、副大統領、議会のメンバーの皆様、アメリカ大統領夫人―それから私の同僚のアメリカ人のみなさん。

 

今夜、私たちは無限の可能性を秘めた瞬間に会合を開いています。新しい議会を始めるに当たり、私は全てのアメリカ国民の歴史的な活躍のため、皆さんと協力する準備ができ、この場に立ちました。

何百万人もの市民が私たちを見守っていて,この大きな部屋の中に集まっています。私たちが二大政党としてではなく、一つの国家として統治することを願っているのです。(拍手)

今夜、私が取り上げる議題は 共和党や民主党の議題ではなく、アメリカ国民の議題です。

 

私たちの多くは、同じ核心的公約のため、キャンペーンを行いました。すなわち、アメリカ人の雇用やアメリカ人労働者のために、公正な貿易の要求をすること、我が国のインフラを再構築し活性化すること、医療と処方薬の価格を下げること、そして安全で合法な、そして現代的な移民制度を確立すること、これらはアメリカ国民を第一として考える対外政策を追求することに繋がります。

 

アメリカの政治には、勇気さえあれば新たな機会が訪れます。 (拍手) 勝利は我が党の勝利ではなく、我が国の勝利を意味します。

 

今年、アメリカは二つの重要な記念日を迎え、アメリカの使命の尊厳とアメリカのプライドの力を見せてくれるでしょう。

6月は、ドワイト・デビッド・アイゼンハワーが「偉大な十字軍」と呼んだことから75年たちます。すなわち、第二次世界大戦における連合軍のヨーロッパ解放です (拍手)。「D-デイ」(*連合軍によるノルマンディー上陸作戦開始)である1944年6月6日は、我々の市民を暴政から守るため、およそ15000名のアメリカの若者たちが空から飛び降り、約60000人が海に飛び込みました。今夜、ここに3人の素晴らしいヒーローがいます:一等兵のジョゼフ・レイリー(Joseph Reilly)さん、二等軍曹アーヴィング・ロッカー(lrving Locker)さん、そして三等軍曹ハーマン・ズィーチック(Herman Zeitchik)さんです。(拍手)皆さんに敬意を表します。

2019年は、勇敢で若いパイロットが25万マイルを渡り、アメリカの国旗を月面に立ててから50年立ちました。半世紀後、その旗を植えたアポロ11号の宇宙飛行士の一人が、この場に加わっています。バズ・オルドリン(Buzz Aldrin)さん。(拍手)ありがとう、バズ。今年、アメリカの宇宙飛行士は米国のロケットによって宇宙へと戻ります。(拍手)

 

20世紀に、アメリカは自由を救い、科学を変革し、中産階級を再定義しました。そして、そのことについては、世界中どこにもアメリカと敵うことのできるものはありません。(拍手)さて、私たちは大胆かつ勇敢にこの偉大なアメリカ的冒険の次の章へ踏み入れなければなりません。そして、21世紀に向けて新しい生活水準を構築しなければなりません。全ての市民にとって驚くべき生活の質が近づいています。
我々はコミュニティをより安全にし、家族を強くし、文化をより豊かにし、信仰を深め、中産階級をかつてないほど大きくし、繁栄させることができます。(拍手)

 

しかし、私たちは復讐、抵抗、報復の政治を拒否し、協力や妥協、そして共通の利益という無限の可能性を受け入れなければなりません。(拍手)

我々は共に、何十年も続く政治の行き詰まりを打破することができます。私たちは古い分裂を橋渡しし、古い傷を癒し、新しい連合を作り、新しい解決策を打ち立て、アメリカの将来に対するけた外れの能力を解き放つことができます。この決定は我々が作るものです。
私たちは、偉大さか停滞、結果か抵抗、ビジョンか復讐、驚くべき進歩か無意味な破壊かを選択しなければなりません。
今夜、私は皆さまに偉大さを選んで欲しいです。

 

過去数十年間両党の指導者が見落としてきた問題に立ち向かうため、この2年以上にわたり、私の政権は切迫感を持ち歴史的なスピードで動いてきました。

 

選挙からわずか2年で、私たちは前例のない経済的な好景気を成し遂げました。私たちは530万の雇用を創出し、60万の新しい製造業の職種を生み出しました。これは誰もが不可能であると言っていたものです。しかし、それを我々は成し遂げたのです。(拍手)

賃金は過去数十年間以上に急速に上昇し、私が彼らのために戦うと約束していたブルーカラーの労働者も発展させることができました。彼らは、誰もが考えるより早いスピードで成長しています。ほぼ500万人のアメリカ人は食糧問題を解決しています。(拍手)米国の経済は最初より2倍速で成長しています。米国の経済は世界の中でもっとも盛んです。この現象が終わることはありません。(拍手)

 

失業率は過去半世紀以上のなかで最低水準に達しました。(拍手)アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、アジア系アメリカ人の失業率は今までにない最低水準に達しています。 アメリカ人障害者の失業率も最低水準です。(拍手)我が国の人々は歴史上もっとも働いています。 一億五千七百万の労働者が働いています。(拍手)

 

働いている家庭のために大幅な減税を行い、子供税額控除を倍増しました。(拍手)

我々は牧場経営者や家族農のため、小規模企業においての相続税を廃止しました。

我々はあまり人気のないオバマケアの個人の義務的刑罰を廃止しました。(拍手) また、危険な患者に救命治療を受けさせるため、「試す権利」(Right to Try)を成立させました(拍手)。

我々の政府は、在任期間中、他のどの政権よりも短期間に多くの規制を削減しました。(拍手)我々の歴史的な減税や規制により、多くの企業が我が国に還元されています。

我々は、アメリカのエネルギーにおいて革命を起こしました。アメリカは石油と天然ガスの 世界第1位生産国です。 (拍手) 現在、米国は65年ぶりにエネルギーの輸出国になりました。

24ヶ月という急速な進歩の後、我々の経済は世界の羨望の対象であり、我々の軍隊は地球上でもっとも強く、米国は毎日再び勝利しています。(拍手)

(議員:我々の団結は強固だ!)

(聴衆:USA! USA! USA!)

トランプ大統領:すばらしい響きですね(笑い)。

我が国は活気で満ちています。又、歴代最高の経済発展を遂げています。

金曜日発表されたのは、先月だけでも30万4000件の雇用が生み出されたということでした。これは予想の2倍近い数字です。米国では経済的奇跡が起こっており、これを止めることができるのはばかげた政治や戦争、党派的調査です。(拍手)

 

平和や立法が成し遂げられれば、 戦争や捜査などあり得ません。そういう風には行かないのです。

 

海外の敵を打ち負かすために、我々は国内で団結しなければなりません。この新しい協力の時代は,現在も上院で承認されないままである300人以上の有資格候補者を承認することから始まります。上院はこれらの承認について活動できておらず、これはその候補者や国家に対し、非常に不公平です。

 

今こそ超党派的行動の時代です。信じようが信じまいが,私たちはすでにその可能性を証明しています。前回の議会では、オピオイド危機に立ち向かうための前例のない法案、画期的な農業関連法案、歴史的なVA改革について、両党が協力しました。そして40年に及ぶ拒絶の後、我々はVAについての説明責任を果たしました。数週前、両党は画期的な刑事司法改革のために団結しました。それは不可能だと言われました。(拍手)

 

昨年、友人を通して、アリス•ジョンソンの話を聞きました。私は感銘を受けました。1997年に、アリスは初めて、非暴力的な薬物犯罪者として終身刑を宣告されました。それから22年以上にわたり彼女は監獄の聖職者となり、他の人々がより良い道を選ぶよう助ける立場を果たし、彼女は最終的に監獄に入っている多くの人々に多大な影響を与えました。

アリスの物語は、刑事裁判で生じ得る格差と不公平、そしてこの完全な不公平を是正する必要性を強調していました。彼女は22年間この仕事を務め、彼女の残りの人生を全部そこにささげると考えていました。

6月、私はアリスを減刑しました。アリスの美しい家族が刑務所の門で挨拶するのを目にし、彼女が抱き合い、涙を流し、笑っている姿を見たとき、私は行ったことの正しさを感じました。彼女は今夜私たちと共にいます。彼女は素晴らしい女性です。素晴らしいアリス、お願いします。

アリス、我々が皆自分の運命を描く力があるということを思いださせてくれてありがとう。本当にありがとう。

アリスの話に感銘を受け、私の政権は両政党のメンバーと緊密に協力し、連邦刑務所改革法案(FIRST STEP Act)に署名しました。これは、大きなことです。

この法律は、アフリカ系アメリカ人社会に過度な損害を与えた判例法を改正し、非暴力的な犯罪者に対し、もう一度社会に戻り、法を遵守する国民として働く機会を与えました。現在、米国各地の州が私たちの先導に従っています。アメリカは更生を信じる国家なのです。

 

今夜、テネシー州から来たマシュー•チャールズ(Matthew Charles)もここに列席しています。1996年、30歳のときマシューは麻薬の売買行為と関連犯罪の罪で35年の刑を宣告されました。その後の20年間、彼は30以上の聖書研究をなしとげ、司法書士となり、彼の同じ境遇にあった多くの収容者を指導しました。

そのマシューは、連邦刑務所改革法案(FIRST STEP Act)を受け刑務所から釈放されたまさに最初の人です。マシュー、どうぞ。ありがとう、マシュー。

 

現在、共和党と民主党は再び力を合わせて緊急の国家的危機に向き合わなければなりません。議会には、政府に予算を与え、国土を保護し、非常に危険な南部国境を安全にするための法案を通過させるのに、10日しか残されていません。

いまこそアメリカが不法移民を終わらせ、冷酷なコヨーテ、カルテル、ドラッグディーラー、人身売買を廃業させることに尽力していることを、議会が世界に示す時です。

私たちが話しているあいだも、大規模で組織的な隊列がアメリカに向けて進んでいます。メキシコの都市では、地域社会から不法移民を排除するため、トラックやバスが、私たちの国境の守りが貧弱な地域に向けて進んでいるそうです。私は、このような途方もない事件に備えるため、3750人の兵士を南の国境に配置するよう命令しました。

これは道徳的な問題です。南部の国境の無法状態は、アメリカ全土の安全と防衛、そして財政上の健全性において危機です。我々は市民の生命と職を守る移民制度をつくる道徳的な義務があります。これは法令を尊重する移民も含めます。このような合法的な移民は国を豊かにし、社会をより強めます。

私は、 より多くの人々に米国に入ってもらいたいのですが、彼らは合法的に入らなければなりません。今夜、私はこの非常に危険な南部国境を、私たち市民や祖国への愛と献身から守ってほしいと訴えたいです。

 

不法移民ほどアメリカの労働者階級と政治階級の断絶を表しているものはありません。

裕福な政治家や支援者は塀、ゲートそして警備の中に住みながらオープンな国境を求めています。(聴衆拍手)

しかし、アメリカの労働者階級は膨大な不法移民のために多大な犠牲を払っています。仕事の減少、低賃金、児童で溢れかえる学校、混雑で入れないほど溢れかえった病院、犯罪の増加、ぼろぼろになったセーフティネットなどがそれです。不法移民への同情など不要です。現実は実際、残酷なのです。

アメリカを目指してくる移民女性3人に1人が強姦の被害に合っています。密輸ブローカーは移民の子供を人質に我々の法を犯し、入国してきます。人身売買ブローカーや売春ブローカーは開かれた入国審査の網をすり抜け何千もの女児や若い女性を売春や現代の奴隷としてアメリカに密輸しています。

何万人もの罪もないアメリカ人が国境を越えて押し寄せるスピード(*薬物の一種)、ヘロイン、コカイン、フェンタニルなどのドラッグによって命を奪われています。

残虐なギャング集団であるMS13(*中米からの移民や子供世代のギャング組織)は少なくとも全米20の州にわたって活動を行っており、すでにそのほとんどが南部の国境を越えアメリカに侵入しています。ちょうど昨日もMS13のメンバーの1人がニューヨークシティの地下鉄駅で銃撃容疑により身柄を確保されました。こうしたギャングのメンバーを排除すべく活動を続けていますが、国境の守りを固めない限りすぐにまた国境を越えて戻ってきてしまうでしょう。

何年もの間、数えきれないアメリカ国民が不法移民の犯罪者に命を奪われてきました。私はこれまで多くの素晴らしい天使のようなお母さんたち、お父さんたち、家族にお会いしてきました。彼らの誰1人として胸を痛めるような悲惨な経験をすべきではないのです。

今夜、デブラ・ビセル(Debra Bissell)に来てもらっています。ほんの3週間前、デブラの両親、ジェラルドとシャロンは強盗に入った侵入者によって、ネバダ州リノの自宅で銃撃され命を落としました。彼らは80代で、4人の子供たち、11人の孫、そして20人のひ孫たちがいました。今夜はまた、ジェラルドとシャロンの孫であるヘザーさん、そしてひ孫のマディソンさんも来ています。

デブラさん、ヘザーさん、マディソンさん、どうかご起立ください。彼らの悲しみを理解することは到底できないでしょう。ありがとうございます。本日はお越しいただきありがとうございます。本当にありがとうございます。(聴衆拍手)

私はジェラルドさん、シャロンさんのことを決して忘れません。そして、二度とこのような事態が起きないよう彼らのために戦います。危険な国境のコントロールに失敗し、これ以上、1人のアメリカ人の命も失うべきではありません。

過去2年間、我が国の勇敢なICE(移民関税捜査局)の捜査官によって26万6千人の犯罪者が逮捕されました。そのうち、既に服役中ないし有罪が確定しているものだけでも約10万件の暴行、3万件の性的暴行、4000件の殺人の犯人が含まれています。

法執行機関のヒーローである、ICE特別捜査官のエルヴィン・ヘルナンデスも参加してくれています。(聴衆拍手)ありがとうございます。

エルヴィンは子供のころ、家族でドミニカ共和国からアメリカに不法に移住しました。8歳の時、彼は父親に特別捜査官になりたいと打ち明けました。今や彼は捜査を率い国際売春に敢然と立ち向かっています。

エルヴィンは言います。「もし売春の被害に合っている女性たちの手に正義を取り戻すことができたなら、私の仕事は本当に完結したことになるのです」、と。彼と彼の卓越した仲間の仕事のおかげで300人以上の女性や女児が恐るべき恐怖から救い出され、1500人を超える人身売買ブローカーたちが刑務所の鉄格子の向こうに送り込まれています。(聴衆拍手)ありがとうございます、エルヴィンさん。

我々は常に法の執行人たる勇敢な男たちと女たちを支援します。私は今夜、皆さんにお約束致します。ICEのヒーローたちを見捨てたりしないと。ありがとうございます。(聴衆拍手)

私の政権から議会に対しこの南部国境における危機に終止符を打つため常識的な提案を致しました。人道的な支援、より厳格な法の執行、水際での薬物探知、子供の売買の抜け穴を閉鎖することなどを含んだ新しい物理的な障壁、壁の建設です。入国管理所間の広大なエリアを守るものです。

過去、ここにおいでの皆様方は壁について投票されましたが、未だに壁の建設は成しえていません。私は壁を建設してみせます。(聴衆拍手)

これはスマートで戦略的で、可視化できる障壁です。単なるコンクリートの壁ではありません。入国管理局が最も必要だと判断したエリアで建設します。そして、入国管理官たちは言うでしょう。壁のあるところ、不法移民なし。

かつて、サンディエゴは我が国で最も不法移民の越境が多い土地でした。そのため、強力な壁を設置したところ、この壁のおかげで不法入国がほとんどなくなりました。

国境の町テキサス州エルパソはかつて全米で最も凶悪犯罪率が高く、最も危ない町の1つでした。今や、壁の建設によって全米で最も安全な町の1つです。端的に、壁のあるところ、壁が命を救うのです。

さあともに動き出しましょう。歩み寄り、アメリカの安全を取り戻すための政策に合意しましょう。

 

アメリカ国民の安全を守るため共に動き出すと同時に、経済の復活を早急なペースで確かなものとしなければなりません。昨年創出された仕事のうち58%が女性であり、好調な経済の恩恵を女性ほど受けたものはありません。

あなたがたが意識していなくてもで、す。ありがとう。ありがとうございます。

未だかつてないほど女性が戦力として活躍していることは全てのアメリカ人の誇りです。

まだお座りにならないでください。まだ続きがあるのです。(聴衆笑)

合衆国議会で憲法修正条項が可決され、女性の参政権が認められてから約1世紀。これほどまでに女性の政治参加が進んだことは未だかつてなかったでしょう。(聴衆拍手)

(聴衆:USA!USA!USA!)

トランプ大統領:素晴らしい。本当にありがとう。そして祝福を。まことにすばらしい。

女性への機会を改善しようとする運動はあちこちで行われていますが、その一部としてこの木曜日に、我々は発展途上国における女性への経済的エンパワーメントに特化した、初めての政府横断的なイニシアチブを開始しました。

我々が構築しようとしている――(拍手)――ありがとう、我々の経済的成功を信頼性のあるものとして構築するためには、1つの最優先事項があります。何十年もの悲惨な貿易政策を逆転させることです。本当にひどいものなのです。

 

何年ものあいだ、私達の産業を狙って知的財産が盗まれ、アメリカの雇用と富は奪われてきました。それが終わったことをいま、我々は中国に明らかにしています(拍手)。したがって、私たちは最近、2500億ドルもの中国製品に関税を課し、そして今、私たちの財務省は何十億ドルもの何十億ドルも受け取っています。

 

しかし、私たちを利用したとして中国を非難するつもりはありません。私はこの悲劇が起こるのを許した私たちの指導者と代表者たちを非難するのです。私は習国家主席を非常に尊敬しています。そして我々はいま、中国との新しい貿易協定に取り組んでいます。しかしそれには、不公平な取引慣行を終わらせ、慢性的な貿易赤字を減らし、そしてアメリカの雇用を守るための実質的かつ構造的な変化が含まれなければならないのです(拍手)。ありがとう。

 

もう一つの歴史的な貿易の過ちはNAFTAとして知られている大惨事です。私はミシガン州、オハイオ州、ペンシルベニア州、インディアナ州、ニューハンプシャー州、そしてNAFTAの署名によって夢が打ち砕かれた他の多くの州の男女と会ってきました。何年もの間、政治家は彼らがより良い取引のために再交渉すると彼らに約束してきました、しかし今まで誰も試みなかったのです。

 

私たちの新しいアメリカ=メキシコ=カナダ協定であるUSMCAは、NAFTAに代わるもので、長い間アメリカ人労働者が受け取ってこなかったものを、彼らのために届けます。 USMCAを批准し、製造業の雇用をさらに多く回復させ、アメリカの農業を拡大し、知的財産を保護し、より多くの車に誇りを持って「アメリカ製」という美しい言葉のスタンプを貼れるようにしましょう(拍手)。

 

今夜、私はまた、合衆国互恵通商協定法を通過させるよう、皆さんに依頼したい。そうすることで、他の国がアメリカの製品に不当な関税を課した場合、我々は彼らが販売するまったく同じ製品にまったく同じ関税を課すことができるようになります(拍手)。

 

両党は、アメリカの崩壊しつつあるインフラを大規模に再建するために団結できるはずです(拍手)。

議会はインフラ法案を可決することを熱望していることを私は知っています、そして私はあなたがたと立法について協力することを熱望しています。その法案は、将来の最先端産業への投資を含む新しく重要なインフラストラクチャー投資を提供するためのものです。これは選択肢ではありません。必需品です。

 

私にとって、そして私たち全員にとっての次の優先事項は、ヘルスケアと処方薬のコストを下げること、そして既往症を持つ患者を守ることです(拍手)。すでに、私の政権の努力の結果として、2018年に、薬価は46年間で最大の下落を経験しました(拍手)。しかし、やるべきことはまだあります。アメリカ人がまったく同じ薬について、他の国の人々よりもはるかに多くの金額を支払うことは容認できません。それも、多くの場合、まったく同じ場所で行われているのです。これは間違っており、これは不公平です、そして私たちは一緒にそれを止めるでしょう。私たちはそれをいち早く止めるでしょう(拍手)。私は議会に、グローバルなただ乗りの問題を取り上げ、最終的にアメリカの患者に公正さと価格の透明性をもたらす法律を可決するよう求めています(拍手)。また、製薬会社、保険会社、および病院に対して、競争を促進し、コストを削減するために実際の価格を開示するよう要求する必要があります(拍手)。

 

歴史上のいかなる権力も、自由なアメリカ以上に、人々の状態をよりよくしたことはありません。近年―(拍手)― 近年、私たちはHIVとエイズとの闘いにおいて目覚しい進歩を遂げました。科学的な進歩により、かつては遠く離れていた夢を手に入れることができました。民主党と共和党に、10年以内に米国でのHIVの蔓延を排除するために必要な約束をするように、私は予算について依頼します。私たちは驚くべき進歩を遂げたのです。信じられないほどのものです(拍手)。一緒に、私たちはアメリカとアメリカ以外の国でのエイズを打ち負かすのです(拍手)。

 

今夜、私はまた、すべてのアメリカ人が支持するであろう別の戦いに参加するよう、あなたがたに依頼します。それは小児癌に対する戦いです(拍手)。

今夜ギャラリーでメラニアと一緒にいるのは、とても勇敢な10歳の女の子、グレース・エリンです。誕生日のたびごとに―(拍手)―こんにちは、グレース(笑)。彼女が4歳のときからの誕生日ごとに、グレースは友達に聖ジュード子供病院に寄付するよう依頼してきました。ある日、彼女自身が患者となってしまうかもしれないことを、彼女は知らなかったのです。しかしそれは起きてしまいました。

昨年、グレースは脳腫瘍と診断されました。すぐに、彼女は放射線治療を始めました。同時に、彼女は自分のコミュニティを集め、癌との闘いのために4万ドル以上を集めました。グレースが昨年秋に治療を完了したとき、彼女の医者と看護師は元気づけ続けました。彼らは彼女を愛したのです。彼らはいまも彼女を愛しているのです。彼女が掲げていたポスターを読んだときに、彼らの目には涙が浮かんでいました。そこには、「化学療法の最後の日」と書いてあったのです(拍手)。グレース、ありがとう。あなたはこの部屋のみんなにとって素晴らしいインスピレーションです。どうもありがとう。

多くの小児がんは、何十年も新しい治療法を発見されていません。私は議会に対し、今後10年間で5億ドルをかけて、この重要な命を救う研究に資金を提供する予算を要求します。

 

働く保護者を支援するために、アメリカ人の子供たちのために「スクールチョイス」を通過する時が来ました(拍手)。私はまた、すべての新しい親が生まれたばかりの子供と絆を結ぶ機会があるように、私の予算の中で全国的に家族休暇の計画を含める最初の大統領になることを、誇りに思います(拍手)。

 

私達の国が最近見た、薄ら寒くなるような画面と、幼児を抱いている母親の美しいイメージとの大きな乖離はないでしょう。ニューヨークの議員たちは、母親のお腹から生まれるずっと前に、子宮のなかから赤ん坊を剥ぎ取ることを可能にする法律の可決を喜んで、歓声を上げたのです。それらは生きていて、感じていて、美しい子どもたちなのに、彼らの愛と夢を世界と共有する機会を決して得られないのです。そしてそれから、私たちはバージニア州知事が出産後に赤ん坊を殺してしまえると述べた事件を経験しました。

すべての人の尊厳を守るために、私は議会に、母親の子宮内に痛みを感じることがある子供の後期中絶を禁止する法律を可決するよう求めています(拍手)。罪のない生命を大切にする文化を築くために一緒に仕事をしましょう(拍手)。そして、私たちは根本的な真実を再確認しましょう。すなわち、すべての子供たち、生まれた者も、生まれていない者も、神の聖なる姿をもとに作られているということを。

 

私のアジェンダの最後は、アメリカの安全を守ることです。過去2年間で、我々は米軍を全面的に再建し始めました。前年度は7000億ドル、今年度は716億ドルでした。

 

私たちは他の国々にも公平な分担金を支払うように求めています(拍手)。ついに、ようやく、です。何年もの間、米国は私たちの友人、NATOのメンバーによって非常に不公平に扱われてきました。しかし今、私たちはこの2年間に、NATO同盟国からの防衛費1000億ドル以上の増加を確保しました(拍手)。彼らはそれができないと言ってきたのに、です。

 

私たちの軍事力増強の一環として、米国は最先端のミサイル防衛システムを開発しています。

 

私の政権下では、アメリカの利益を増進したことで謝罪するようなことは決してない。

例えば、数十年前、アメリカはロシアとの間で条約を締結し、ミサイル能力を制限し、減らすことに合意しました。私たちが文字通りに合意の規則に従っているあいだ、ロシアは繰り返しその条項に違反した。それは長年続いています。だからこそ、私は、米国が中距離核戦力条約、またはINF条約から正式に撤退すると発表したのです。

おそらく(拍手)、私たちに選択の余地はありません。もしかすると、中国と他の国々を追加して別の協定を交渉することができるかもしれない、しかしできない可能性もあります。そうなったら、私たちは他のすべてをはるかにしのぐ支出と革新を行います。(拍手)

 

大胆な新しい外交の一環として、我々は朝鮮半島の平和のための歴史的な前進を続けています。私たちの人質は帰国し、核実験は中止され、そして15ヶ月以上ミサイル発射は起きていません。私がアメリカ大統領に選出されていないのであれば、私の見方では、我々は今ごろ北朝鮮と大規模な戦争に陥っているはずです。(拍手)

 

まだ多くのなすべきことが残っていますが、私と金正恩との関係は良好です。金委員長と私は2月27日と28日に再びベトナムで会います。(拍手)

 

2週間前、アメリカは正式にベネズエラの正統政府を承認しました(拍手)。それは新大統領、フアン・グアイドです。(拍手)

私たちはベネズエラの人々とともにあります。彼らは崇高な自由を求めています。そして私たちはマドゥロ政権の残虐行為を非難します。

彼の社会主義的政策は、南アメリカで最も裕福な国家を、虐待的貧困と絶望の状態に変えてしまったのです。(拍手)

 

ここアメリカ合衆国で、我々の国において、社会主義を採用するという新たな呼びかけが起きていることに、私たちは驚かされています。

(聴衆のブーイング)

アメリカは、自由と独立、そして政府の強制、支配、管理を拒んで、建国された(拍手)。我々は自由のなかに生まれ、自由であり続けるのです(拍手)。

(聴衆のUSA!コール)

今夜、我々はアメリカが決して社会主義国になりえないという決心を新たにします(拍手)。

(聴衆のUSA!コール)

 

私たちが長年直面してきた最も複雑な課題の1つは、中東です。 私たちのアプローチは、規律ある現実主義に基づいています。何十年ものあいだ失敗してきた、信頼できない「進歩のための理論」ではありません。このため、私の政権はイスラエルの真の首都を承認、誇らしくもエルサレムにアメリカ大使館を開設しました(拍手)。

私たちの勇敢な部隊は、今や19年近く中東で戦っています。 アフガニスタンとイラクでは、約7,000人のアメリカ人の英雄たちが命を捧げました。52,000人以上のアメリカ人がひどく傷つけられました。中東でのいくつもの戦いにより、7兆ドル以上を費やしました。

私は大統領候補として、新しいアプローチを声高に約束した。 偉大な国々は終わらない戦いなど行わない、と(拍手)。

私が就任したとき、ISISはイラクとシリアで20,000平方マイル以上を支配していました。たったの2年前のことです。いま、私たちはこれらの血に飢えたモンスターの支配から、事実上すべての領土を解放しました。

いまや私たちには、同盟国と協力してISISの残党を壊滅させつつ、シリアで勇敢に戦った戦士たちを温かく帰国させる時が来ています。

 

私はまた、可能な限り、アフガニスタンでの政治的解決をめざした交渉を加速させています。反政府側も交渉することを非常に喜んでいる。私たちの部隊は比類のない勇気で戦ってきました。そして彼らの勇気のおかげで、私たちは今、この長く血なまぐさい紛争に関する政治的解決策を追求することが可能となったのです(拍手)。

アフガニスタンでは、私の政権はタリバンを含む多くのアフガン人のグループと建設的な協議を行っています。私たちはこれらの交渉を前進させつつ、我々の駐留兵士を減らし、テロ対策に集中することができます。こうして私たちは実際にテロ対策に焦点を当てられるのです。

私たちが合意を形成できるかどうかはわからないが、20年の戦争の後、少なくとも平和を目指すべき時が来たことはわかっています。そして反政府側も同じことをしたいのです。今こそその時です(拍手)。

 

なにより、友も敵もともに、この国の力を、そして国民を守る意志を、疑ってはなりません。18年前、暴力的なテロリストが駆逐艦コール号を攻撃しました。そして先月、アメリカ軍はその攻撃のリーダーの一人を殺害しました(拍手)。

私たちは今夜、トム・ウィバリーがここに列席していることを光栄に思います。彼の息子、海軍兵士クレイグ・ウィバリーは、悲劇的に命を落とした17人の船員の一人でした。トム、私たちは常に駆逐艦コール号の英雄を覚えておくことを誓います(拍手)。トム、ありがとう。

 

我が政府は世界の指導的なテロ支援国家に立ち向かうため、決断力をもって行動してきました。イランの過激派の体制に対してです。彼らは悪辣な、実に悪辣なことをしている。この腐敗した独裁体制が核兵器を手にすることが決してないように、私は米国をイランとの破滅的な核取引から撤退させました。昨年の秋、米国は国家に課してきたうちで最も厳格な制裁を実施しました。

「アメリカに死を」と謳い、ユダヤ人をジェノサイドによって脅かしている体制から、私たちは目を背けない。反セム主義の害毒と、その害毒に満ちた信条を流布する人々を、私たちは決して無視してはならない。この憎悪に対していかなる場所においても、私たちは声を揃えて立ち向かわなければならない。

 

わずか数ヶ月前に、ピッツバーグの「命の木」シナゴーグで、反セム主義者の攻撃によって11人のユダヤ系アメリカ人が悪辣にも殺害されました。SWAT隊員のティモシー・マットソンは銃火のさなかに突入し、犯人を追跡しながら7回銃撃を受けました。彼は任務に実に成功しました。ティモシーは12回目の手術を受けたばかりですが、さらに多くの手術を受けることになるでしょう。だが、彼は今夜私たちとともにいるために駆けつけてくれました。マートン隊員、(聴衆拍手)、ありがとう。我々は永遠に感謝します。本当にありがとう。

 

今夜、ピッツバーグの惨劇からの生存者であるジュダ・サメットも同席しています。彼は虐殺が始まったときにシナゴーグに到着しました。しかし、ジュダは昨年の秋に辛うじて死を免れただけではありません。70年以上前に、彼はナチの強制収容所から辛うじて生還したのです。今日はジュダの81回目の誕生日です。(聴衆拍手)

 

(聴衆、「ハッピーバスデー」を歌い拍手、サメットが感謝を述べる。)

 

彼らは私のためにこうはしてくれないよ、ジュダ。(聴衆笑い)

 

ジュダは75年近く前のある瞬間をまだ覚えているそうです。強制収容所に入れられてから10ヶ月後に、彼と彼の家族が列車に乗せられて、別のキャンプに行くと告げられたときのことを。突然、電車が音を立てて急停止しました。一人の兵士が現れて、ジュダの家族は最悪の事態に備えました。そのとき、彼の父親が喜びの声をあげました。「アメリカ人だ!アメリカ人だ!」(聴衆拍手)。ありがとう。

 

今夜ここにいる2人目のホロコースト生存者はジョシュア・カオフマンです。彼はダッハウの囚人でした。家畜車の壁の穴を通して、兵士たちが戦車で入って来るのを見たことを彼は覚えています。「私にとって、アメリカ兵は神が存在することの証明だった。彼らは天空から降ってきた」とジョシュアは回想しています。彼らは天から降ってきたと。

 

私は今晩の演説を第二次世界大戦のD-デイで戦った3人の兵士を賞賛することから始めました。その一人がハーマン・ザイチェクでした。しかし、ハーマンの物語には続きがある。ハーマンはノルマンディーの海岸を急襲した一年後に、ダッハウを解放するのを助けたアメリカ兵の一人でした。(聴衆拍手)彼はジョシュアをこの地上の地獄から救出するのを助けたアメリカ人の一人だったのです。

 

ほぼ75年ののちに、ハーマンとジョシュアは今夜、ともにこのギャラリーの中にいて、アメリカの自由の故郷であるここに隣りあって座っています。ハーマンとジョシュア、あなた方が今晩ここにいることに大いに感謝します。(聴衆拍手)ありがとう。

D-デイの早い時間に、英仏海峡の暗い空の下でアメリカ兵たちが上陸を開始したとき、彼らは18歳と19歳の若者にすぎなかったが、不安定な揚陸艦に乗って戦争の歴史における最も重要な戦闘に突き進んで行ったのです。

彼らはその時を生き残れるか分かりませんでした。彼らは老いるまで生存できるのか分かりませんでした。しかし、アメリカが勝利しなければならないことを分かっていたのです。彼らの開戦事由はこの国とまだ生まれていない世代のためでした。
彼らはなぜそれを為したのか。アメリカのため、我々のために為したのです。

 

その後に起こった全てのこと――共産主義に対する勝利、科学と発見における飛躍、平等と正義に向けた比類なき進歩――は、それ以前のアメリカ人たちの血と涙と勇気、先見の明のおかげで可能になったのです。

 

この議事堂に思いを馳せてください。あなた方以前の立法者たちが、奴隷制を終焉させるため、鉄道と高速道路を建設しファシズムを打ち負かすため、公民権を安定させるため、悪の諸帝国を打倒するために投票したこの部屋に思いを馳せてください。

今日ここには、この偉大な共和国中から来た議員たちがいます。メーンの岩がちな海岸やハワイの火山から、ウィスコンシンの雪が降りしきる森林やアリゾナの赤い砂漠から、ケンタッキーの緑の農園やカリフォルニアの黄金の砂浜から。我々は皆ともに、有史以来の全く例外的な国を代表している。

私たちはこの瞬間に何をなすでしょうか?私たちはいかに記憶されるでしょうか?

 

この議会の男女に私はお願いしたい。眼前にある機会を見てほしい。最も感激的な偉業がまだこの先にあります。最も刺激的な旅が待っています。私たちの最大の勝利がやって来ます。我々はまだ夢を見ることすら始めていません。私たちは相違によって規定されるのか、敢えて相違を乗り越えようとするか、選ばなければなりません。私たちは偉大な遺産を浪費するか、「私たちはアメリカ人である」と誇らしく宣言するか、選ばなければなりません。

 

私たちは信じられないことを成し遂げ、不可能なことを超克し、未知のことを克服するのです。

アメリカ人の想像力を再び燃え立たせるときです。至高の頂を目指し、輝ける星々を見すえるときです。愛と忠誠の紐帯、私たちを市民として、隣人として、愛国者として結束せしめる記憶を再び呼び起こすときが来たのです。

 

それこそが私たちの未来、私たちの運命、私たちがなす選択です。偉大さを選択するように皆さんにお願いしたい。いかなる試練に直面しようとも、いかなる苦難が到来しようとも、ともに前進しなくてはなりません。

 

私たちは「アメリカ・ファースト」を心中に保持しなければなりません。魂のうちに自由を生かしておかねばなりません。アメリカの天命、すなわち、「神の御許にある一つの国が、世界の全ての国々の間で、希望であり、約束であり、光であり、栄光である」ということを常に信念として保持し続けなくてはならないのです。

 

ありがとう。皆さんに神のご加護があるように。アメリカに神のご加護があるように。ありがとう。

 

――――――――――

解説記事はこちら↓

【一般教書演説解説】「一つのアメリカ」を目指すトランプ大統領

News一覧ページ