2月11日、「トランプのアメリカ」出版記念セミナーin名古屋が開催
2019/02/11

2月11日、「トランプのアメリカ」出版記念セミナーin名古屋が開催

当日は100名を超える参加者にお越しいただき、立ち見が出るなど大盛況のうちに終えることができました。

 

今回の講演は第一部に国際政治学者の深田匠氏をお招きし2つのアメリカから見る日米関係を、第二部ではJCUのあえば議長よりここでしか聞けないアメリカの最新情勢をご報告させていただきました。

 

深田匠氏からは、共和党と民主党というスタンスの異なる政党からアメリカが持つ2つの顔が見えてくる。日米関係を論じる上でこの2つの顔に注意しておく必要があり、米国との戦略を考えるにはそれぞれの顔に留意しながら意思決定を進めていく必要があるという日本ではなかなか語られない日米関係が語られました。

 

特に、日米開戦を決断したり、原爆投下を容認したのは民主党政権であり対日政策に暗い影を落としてきたのは民主党のアメリカだということ。元来、日本の戦時中のアジア政策を自衛措置として共和党議員の約90%の議員は容認していたことからも、共和党のアメリカは非常に日本と親和性が高いなど歴史に裏付けられた議論は日本人として必見といえるものでした。

 

*2つのアメリカについて論じる深田匠氏(JCUスタッフ撮影)

 

続いて、あえば議長からは「トランプのアメリカ」を読み解く上で必要な米国中枢内の人間関係、トランプ大統領が闘っているディープステートについてなど、まさにここでしか聞けないアメリカ・世界の最新情勢について講演いただきました。

 

特に著者であるニュート・ギングリッジ氏(元アメリカ合衆国下院議長)から直接伺っていたディープ・ステート論については目からウロコの内容も多く、「トランプのアメリカ」をお読みいただけていない方にも早速会場で購入いただくなど大変な反響をいただきました。

 

*ディープステートについて講演するあえば議長(JCUスタッフ撮影)

 

3月24日には大阪にて「トランプのアメリカ」出版記念セミナーを実施する予定です。今後、日本各地でセミナーを開催していく予定ですので、ご期待ください!

 

News一覧ページ