新元号は我が国の心を表す
2019/04/01

新元号は我が国の心を表す

新元号は「令和」と決まりましたが、まずこの素晴らしい新元号を制定した政府関係者・学識経験者の方々に敬意を表します。万葉集を典拠としたことを菅官房長官も会見において公表しておられましたが、自然の美しさ、春の喜びという日本に古来からある素直な心を表している一節です。新時代が新鮮な春のように、穏やかにしてなごやかなものであれと願う心を、我々も持ち続けたいものだと感じます。

 

また、従来のように漢籍を典拠としないことについて、異論もあるようですが、私たちはこれを伝統の洗練と受け取ってよいのではないでしょうか。「令和」は万葉集という本邦の古典に拠ったものですが、その下敷きとなっているのは後漢の張衡による「帰田賦」の一節、いわば漢籍へのオマージュも含まれています。舶来の文化を我が物とし、より風土に合ったものへと昇華してゆく日本の伝統を二重・三重に踏まえていると言えそうです。単純に漢籍に拠るという伝統を捨てるのではなく、我が国らしく昇華した国書からの元号は、まさにその意味で、伝統の洗練と言えましょう。

「令」の文字は、そもそも天の意を聞く姿を表す、神聖な文字です。このとき、「鈴」が鳴り、天の意が音となって現れます。神聖にして音楽的でもあります。そのようなよき日々に、和=日本はあるべしとも解釈できそうです。

 

どの点からも、我が国の未来を言祝ぐ素晴らしい元号です。私たちも積極的にこれを用い、新時代をよりよいものとする一助となりたいものです。

 

序文に続く歌より……

 

万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし (筑前介佐氏子首)

 

日本がこの歌のように、万代に咲きわたることを祈りつつ。

News一覧ページ