第二弾:CPAC2019 参加レポート
2019/03/20

第二弾:CPAC2019 参加レポート

JCUは、CPACの日程と並行して、ワシントンDCにあるホワイトハウスならびに連邦議事堂を訪問しました。アメリカ政治の中枢の雰囲気を、肌で感じ取ることができます。

 

連邦議事堂スタッフによる解説(連邦議事堂内にて:JCUスタッフ撮影

 

ワシントンはまだ寒い時期でしたが、充実した日程が続きます。

 

連邦議事堂見学の模様(連邦議事堂正面にて:JCUスタッフ撮影)

 

JCUはまた、CPACにおいてブース展示や、暗号通貨などの技術発展にかかわるセッションでも登壇しました。

 

JCUブースと共同スポンサーであるLiberty/WoWooブースの模様(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)暗号通貨セッションの模様(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)

暗号通貨セッションにてスピーチするあえば議長(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)

 

また、日本から和太鼓の団体を招き、日本文化を知ってもらう試みを行いました。勇壮な音に、アメリカの人々の興味津々です。

JCUレセプションにて和太鼓演奏の模様(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)

若き保守主義者の参加者も(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)

 

和太鼓の演奏後のレセプションでは、アメリカ保守界の重鎮がスピーチ、日米関係の重要性を共有しました。

JCUレセプションで挨拶するマット・シュラップACU議長(CPAC会場にて:JCUスタッフ撮影)

 

トランプ・ジュニアもレセプションに参加しました。

 

JCUレセプションに参加するトランプ・ジュニアとあえば議長(CPAC2019会場にて:JCUスタッフ撮影)

 

News一覧ページ