ABOUT JCU

JCUの理念

日米の繁栄の架け橋に。 The Japanese Conservative Union(JCU)は、小さな政府と減税を旨とする伝統的なアメリカの保守主義と、 数千年にわたる歴史の歩みに裏打ちされた日本の保守思想の二つの保守の考え方をもとに、 日米関係の架け橋となり、両国のパートナーシップを強化する長期的な構想を実現し、 世界の安定と日米関係の更なる発展に取り組みます。

団体概要

名称
一般社団法人 JCU (※「ジェイシーユー」と読みます)
所在地
Japan オフィス:
〒108-6028 東京都港区港南 2-15-1 品川インターシティA 棟28階
US オフィス:
201 N. Union Street, Suite 370, Alexandria, VA 22314
設立
2015年
電話、FAX
TEL:03-6717-4447 FAX:03-6701-7380
メール
info@conservative.or.jp

活動概要

1.「Conservative(保守)」を定義する 日本における「Conservative(保守)」を定義し、その具体的な実践を例示するため、 「JCU RATING(国会議員「Conservative」スコア)」を実施します。 これは国会議員の投票行動等を集計し、全員の「Conservative(保守)」度をスコア化、 公表することで、小さな政府、減税、規制緩和、安全保障、日米同盟等といった 「Conservative(保守)」の理念に沿った政策の実現にどれほど国会議員が貢献しているかを明らかにしていきます。
2.「Conservative(保守)」を育てる 「Conservative(保守)」の理念を日本だけでなくアジア各国へも普及・浸透させ、 また次の世代への継承を目的とし、様々な活動を行います。 米国共和党保守派や、米国保守連合(ACU)とJCUの関係のもと、日米の要人を招き、最新の米国の状況や、 日米関係のこれからに関する各種セミナー・イベントを開催。 また出版、監修等著作、メディア出演等や、米国で開かれるCPACへの協賛・参加を通じて、国際的な視点に基づく「Conservative(保守)」の育成につとめていきます。
3.「Conservative(保守)」を勝ち取る 「Conservative(保守)」の理念に基づいた政策・社会を実現するため、実際の政治や政策への働きかけや、 運動の支援・組織化などを行います。日米両国の政策決定過程にいる人々へのアプローチや、両国世論に対する啓蒙・宣伝活動、 上記のセミナー・イベント等の一環としての選挙プランニング支援や勉強会などを実行していきます。

役員紹介

江口峻
江口峻
Founder ┃ファウンダー
1971年に拓殖大学を卒業後、産経新聞社に就職。 同社にて販売畑を歩み、2000年販売部長、2006年販売局総務、 2007年販売局長になるとともにグループ会社の産経新聞開発株式会社代表取締役社長就任。 2009年産経新聞社取締役、翌年に日本工業新聞社代表取締役会長。 2012年には産経新聞社相談役となる。2013年に同社を退職し、2015年にあえば直道と共にJCUを創立。 代表理事として現在に至る
あえば 直道
あえば 直道
Chairman ┃ チェアマン
1990年に慶應義塾大学を卒業。同年、宗教法人「幸福の科学」に入局。 2009年、幸福実現党初代党首に就任(同年辞任)。 2011年、全米税制改革協議会(ATR)水曜会に参加。 2012年、共和党全米委員会(RNC)のアジア担当顧問に就任。 2015年、「幸福の科学」を退職(幸福実現党離党)。 同年、全米保守連合(ACU) の日本側パートナーとして、JCUを設立。 2017年1月、共和党全米委員会(RNC)共同議長顧問を退任
関連書籍
2016年 書籍『トランプ革命』(双葉社)
2016年 書籍『クリントン・キャッシュ』(ピーター・シュバイツァー著 LUFT社)の日本語版を監修
2018年 書籍『トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相』(産経新聞出版)の日本語版を監修
トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相
『トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相』
原作著書:ニュート・ギングリッチ
出版:産経新聞出版 (2018/11/28)
全米50万部のベストセラー、New York Timesベストセラー1位
待望の日本語版がついに発売!
アメリカの「今」と「これから」がわかる!!

トランプ大統領の政策がいかにアメリカ政治の泥沼を解決したのか、そして、反トランプ主義者の思想的な欠陥とは――?
保守派の重鎮として一時代を切り開き、ドナルド・トランプ氏を大統領にまで押し上げた男が「Make America Great Again」のもたらしたアメリカの「今」と「これから」を描き出す。米朝首脳会談を経て、合衆国中間選挙直後というこれ以上ないタイミングで刊行!
日本語版特典として、監修のあえば直道氏による著者・ニュート・ギングリッチ氏へのインタビューも収録。
トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相を購入
『トランプ革命』
出版社: 双葉社 (2016/3/23) 単行本: 343 ページ
なぜ米国民は彼に熱狂しているのか?彼が大統領になったらニッポンはどうなる?
身内だからこそ書けた共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏の素顔!この一冊で今回の大統領選のすべてがわかります!
トランプ革命を購入
トランプ革命
クリントン・キャッシュ
『クリントン・キャッシュ』
原作著書:ピーター・シュバイツァー
出版:LUFTメディアコミュニケーション (2016/2/10) 単行本:343ページ
全米で話題になった書籍の初翻訳本。 日本人が知らないクリントン夫妻の真相。 二人はアメリカを売り渡したのか。 原作著書は、米国のジョージ・W・ブッシュ大統領の元スピーチ・ライティング・コンサルタントであるベストセラー作家。
クリントン・キャッシュを購入

関連団体

American Conservative Union
1964年に設立された米国保守連合 (ACU) は、アメリカで最古かつ最大の草の根の保守派組織であり、 他の様々な保守派団体を束ねる役割を果たしています。現在では、大統領選や同予備選を左右する等、 きわめて強い影響力を米国内で誇る団体であり、毎年ACUが開催する保守政治活動会議(CPAC)には、 共和党選出の大統領・副大統領のほか、保守派の連邦議員、州知事、大統領選候補らが出席し、1万人を超える規模で展開されています。 またACUが毎年発表する全連邦議員と州の保守度格付け(ACURating)は、保守派の投票動向に多大な影響力を及ぼしています。 他にも、全米保守連合財団(ACUFシンクタンク機能)や全米保守連合政治活動委員会(ACUPAC)、ロビー活動などを通じ、 議会、行政府、州議会、メディア、政治家候補、および米国民に対し、保守派の理念・政策を推し進める活動を行っています。 ACUの理念は個人の自由、責任、憲法上の権利と強い国家防衛といった伝統的な価値観であり、今なお、 それらに賛同する保守派組織や個人と連携、米国社会における保守派の影響力を維持・拡大しています。
Asia Pacific Conservative Union
2018年1月に設立されたAPCU(The Asia Pacific Conservative Union)は、中国や北朝鮮の軍拡や、 その全体主義思想伝播の可能性などによって緊張状態高まるアジアの「平和と繁栄」を護り抜くために活動する保守派組織です。 アジア、パシフィックの各地域に、自由と民主主義の価値を掲げる「Conservatism」の連合体の基幹として、アジア喫緊の重要拠点である台湾に本拠地を置き、 その活動をAPCU自らが発効するI-FORCEによって行っていくことが予定されています。 その活動は多岐にわたり、アジア、パシフィックにおける自由と民主主義活動、Conservative Union 設立を支援し、 さらに独自のメディアサービスによる情報提供を行います。さらに、APCUの活動はアジア、パシフィックの各地域には留まらず、 アジア、パシフィックでの第1フェーズを経て、第2フェーズ、第3フェーズでは中南米、アフリカ、中東各地域にまでその対象を広げ、 自由と民主主義の価値の拡大につとめています。
The Korean Conservative Union
2018 年5 月に設立されたKCU(韓国保守連合)は、統一朝鮮を志す文在寅政権のもとで不安定化している朝鮮半島の情勢を受け、 自由と民主主義に基づく国家の再建を志す保守派組織です。 KCUはACUおよびJCUと連携しながらAPCUのコア組織として活動し、 その活動はKCPACの開催や反中・反北国際行事、民間外交などの多岐にわたることが計画されています。 全体主義、共産主義の脅威に強く対抗し、韓国社会の各階層勢力と協力しながら、自由と民主主義の拡大につとめています。