アメリカ政界 ニュース

2016/06/30

元大統領候補ルビオ上院議員 再選を目指す意向を表明

今年の米大統領選で共和党から出馬し、後に撤退したマルコ・ルビオ上院議員が、11月の大統領選と同時に行われる上院選で再選を目指すと表明した。これまでは、自身の大統領選の戦いがうまくいかなければ上院議員としての再選を目指さないとしていたが、立場を変えた。
 
ルビオ氏は、「仮にトランプ氏が選ばれれば、正しい方向に向かわせ、必要ならトランプ氏に立ち向かう意欲のある上院議員が必要となる。私に両方を行う意思があることは証明済みだ」と述べている
 
ルビオ氏は2010年に、「ティーパーティー」ブームを追い風に、フロリダ州から上院議員に初当選。大統領選では党主流派の結集を目指したが、トランプ氏に地元で敗れ、撤退を決めた。